ログインするとすべての記事が読めます

健康コラム

ステロイドは患者さんの味方!正しい理解で、有効活用

ステロイドは、元々は1950年頃にリウマチの内服薬として開発され、現在ではたくさんの医療現場で使われています。しかし、「ステロイド=怖い、危ない」というマイナスイメージを持つ患者さんは少なくありません。でも、正しい使い方をすれば、ステロイドは決して「怖い、危ない」薬ではありません。ステロイドの正しい知識を身につけ、効果を最大限に利用しましょう。

 

ステロイドが誤解される原因は?

「ステロイド=怖い、危ない」と考えられる理由で最も多いのは、副作用です。
そもそも、ステロイドは「飲む薬」として開発された薬でした。内服用のステロイドは作用が強く、全身への影響がありました。それが「怖い、危ない」というイメージを生んだのです。
しかし、その後にクリーム、ローション、軟 ...



この記事は会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。
メディマグ健康コラムとは…
医師や薬剤師などの専門職がお届けするお役立ち健康情報です。毎日更新中!