ログインするとすべての記事が読めます

健康コラム

40代から始まる白内障。目に優しい生活で白内障に備える

白内障ってどんな病気

水晶体の濁りが見えにくくなる原因

白内障は、眼の水晶体が濁る病気です。水晶体は眼のレンズとして外から入る光を屈折させ、眼球の奥の網膜に像を結ぶ役割を負っています。本来は無色透明で、とりわけ赤ちゃんの眼の水晶体は非常にクリアで濁りがありません。しかし、明らかな原因は解明されていませんが、加齢に伴い濁りが生じていきます。また、それ以外の何らかの外的な要因によって濁りが生じることもあります。

歳をとると白内障になりやすい

日本では白内障の多くは加齢によるものです。歳をとると眼の機能は少しずつ衰えていきます。近くのものが見えにくくなる「老眼」も、眼の老化現象ですね。

自然に進行していく白内障の場合、早い人は40歳代くらいで兆候が出始め、60~70歳 ...



この記事は会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。
メディマグ健康コラムとは…
医師や薬剤師などの専門職がお届けするお役立ち健康情報です。毎日更新中!